群馬の医学部受験の対策として二年生から予備校に

自分のレベルでは医学部進学は難しかった

医学部に進むことを考えていたのですが、自分のレベルでは上を目指すのも難しかったので素直に地元の群馬の学校を受験することになりました。
中学校の頃は成績も学年でほぼトップでしたが、所詮は小さなレベルの競争でしかありませんからむしろすべてトップでなかったことが自分の実力の無さかなと思っていたぐらいです。
実際、高校に進んでからは一応上位には入ることができましたがトップになることが出来る教科がなかったので、自分の実力もここまでかと思ったのです。
そのような状況で医学部を目指すのは厳しいかと感じないこともありましたが、偏差値的には地元の群馬の医学部であれば上位をキープするだけの学力があれば入ることができそうだったので現実的なラインで医学部を目指すことにしました。

自分のレベルでは医学部進学は難しかった | どこまで自分の実力があるのかを試すため自力で勉強 | 予備校に通ってから | 実力がついたことを実感