群馬の医学部受験の対策として二年生から予備校に

実力がついたことを実感

自分のレベルでは医学部進学は難しかった | どこまで自分の実力があるのかを試すため自力で勉強 | 予備校に通ってから | 実力がついたことを実感

その頃には合格が第一でしたから学校の成績はあまり重要視していなかったものの、実力がついたことを実感することが出来るとこれは行けそうだなという手応えがありました。
医学部と言っても自分のレベルに合わせて選んだだけに、余程のことがない限り問題はないだろうという感じで受験に臨むことができたのです。
結果も上々なもので、危なげなく試験を終えることができたという感じがありました。
合格がわかった時にも特別な感想はなく、順当な結果だったなという印象でそれよりも入学をしてからはどのような日々が待っているのかという期待のほうが大きかったです。