群馬の医学部受験の対策として二年生から予備校に

どこまで自分の実力があるのかを試すため自力で勉強

東京あたりのもう少しレベルの高いところを目指そうかと考えないこともなかったのですが、中途半端にレベルの高いところを選んでもわざわざそれだけの手間を掛けるだけの価値が有るのかと考え、どうせ上を目指すのであればもっと良いところを目指さないとわざわざ地元を離れる意味もないのではと思ったのです。
そのため、高校一年生の頃はどこまで自分の実力があるのかを試すために、塾にも通わずに自力で勉強をしてみることにしました。
その結果としては結局自分の力だけではトップを取ることが出来るレベルではなく、必死で頑張って上位に食らいつく程度の学力しかなかったので群馬の医学部を目指すことにしたのです。
初めて味わう挫折というわけではありませんでしたが、どこかで壁にぶち当たるはずだという気持ちもあったのでそこまでショックはありませんでした。
しかし、今のままでは合格は容易なものではないと感じたので、受験対策として予備校に通うことにしたのです。

自分のレベルでは医学部進学は難しかった | どこまで自分の実力があるのかを試すため自力で勉強 | 予備校に通ってから | 実力がついたことを実感